2020年あたりのSPECIALIZEDのアップグレードにFLOAT Xを

メインストリームになったストラット及びヨークマウントに対応し、エアスリーブ・ダンパーボディ・ダンパーシャフト・ピストンがDPX2よりもオーバーサイズ化されている二代目FLOAT X。2020年あたりのMTBのアップグレードに最適です。 2021年モデルのDHX2とFLOAT X2から顕著になってきたのですが、FOXのリアショックユ…

続きを読むread more

TRANSFERとTRANSFER SL

周知されていないようなので、再度ご説明させていただきます。 SLはSuper Lightの略。普通のTRANSFERよりも128g軽量化されています。ただしSLは最長と最短の2ポジション仕様になっており途中で止めることはできません。自由に止めたければ普通のTRANSFERを。いずれも保管の際は伸ばした状態にしてください。

続きを読むread more

リアショックの交換 

自転車はクランクを回していない時も前に進むことができます。 極論ですが、タイヤが接地していない空中に飛び出した状態であっても、落下していれば、加速さえします。 クランクを回し、後輪を回転させ、接地したタイヤが地面を蹴って前に進むことがノーマルな状態。衝撃の吸収だけではなく、タイヤを効率よく地面に押し付ける役割もリアショックは行ってい…

続きを読むread more

MONDRAKER 2023 RAZE

2023年モデルが発表されたMONDRAKER。 2022年モデル、最後の注文が先月入荷している状態ですから、実際にデリバリーされるのは少し先になると思います。人気のSuper Foxyのアルミバージョンから入荷してくると思います。 楽しみにしている製品は、FRONT150mm / REAR130mmストローク、RAZE CAR…

続きを読むread more

スタックダウン発生のメカニズム

今回はリアショックの図でご説明いたしますが、以下の内容はフロントサスペンションのも当てはまるとお考え下さい。 青い部分がネガティブ側の気室。 EVOL(Extra VOLume)と名付けられ、容量が大きくなっています。 小さな容量であると圧縮側にストロークさせた場合、下の図のようにネガティブ側の空気が膨張させられることになりま…

続きを読むread more

カシマコートの耐久性

大抵。長い文章を書く時はとんでもない量の作業がある時。変な表現になりますが、積極的な現実逃避状態です。今日は更に一歩進んだ状態なので短めでいきます。 写真はアナダイズドされたダンパーシャフト。白く見える部分は摩耗している箇所になります。窒素充填圧が30気圧を越えていますから、より摺動抵抗の少ないものに変更するとオイルの滲みが酷くなって…

続きを読むread more

長所と短所

自分には合わない。 確かに相場の格言で「見切り千両」といいますが、場合によって早過ぎる決断は可能性のある未来を閉ざしてしまう場合があります。 ノンブレーキのカッティーズが得意なバイクと苦手なバイクが存在します。 これはバイクの設計思想の差なのです。速く走るためのアプローチが異なっています。 MONDRAKERなどの、サグを多…

続きを読むread more

TRANSFERの修理

オーバーホールでお預かりしたTRANSFERの真ん中の部分のパーツ。見事な傷によって変形していました。 このパーツの内側は雌ネジになっていて非常に肉薄です。 掴んで回す工具を使用して緩めようとすると、このパーツが変形し取り付けられている側の雄ネジに圧着されます。その結果、回して取り外すことができなくなります。 この部分が緩まないと…

続きを読むread more

34と36、どちらを選べばよいのか?

パノラマやふじてんを気持ちよく速く走りたいのなら38。 34と36はエアピストンシャフトの取り付けられたメインシールの接するインナーチューブの内側もカシマコートで仕上げられています。38のエアピストンはカートリッジ式で内側の仕上げはハードアナダイズド。もちろん表面研磨されていますが、カシマコートよりも若干抵抗が大きくなります。抵抗が大…

続きを読むread more

苦手克服

得意なことは練習していても楽しい。少なくとも苦痛ではない。 苦手なことは練習であっても避けたい。趣味ならば問題はありません。 得意なことを100回練習しても技量が向上することはまずありません。タイムの面においても1秒を縮めることなど不可能に近いと思います。苦手なことを100回練習すれば、間違いなく技量は向上します。もちろんタイムの短…

続きを読むread more