2013モデルCTD ADJ用アップグレードパーツ

画像
希望小売価格 5,250円 (税別)

純粋にダンパー性能を向上させる2013モデルCTD ADJ用パーツです。
このパーツを交換することによって、2014年と同等の性能を実現することが可能です。

オイルの通路をCTDのポジション別で完全に分離独立、回路の形状をリファイン。
ピストンのバルブリーフ開度を変更。
CTDをコントロールする心臓部のスプリングを強化。
回路を切り替えるパーツの設計変更。

などが行われています。

注意点
同じCTD ADJであっても、2013年モデルと2014年モデルとでは内部構造が異なっています。
もちろん部品コンパチはありません。
そのため、2014年モデル用のリモートシステムを取り付けることはできません。
純粋に2013年モデルのダンパー性能を向上させるパーツです。

効能
CTDのポジション、登り・トレイル・下りのそれぞれの特徴が強調されます。
全域に渡って、コンプレッション側減衰が強くなります。
判り易く表現すると、同じ大きさ・種類の衝撃を受けても少ない動きで消化することができるようになります。

リリースされた背景
このパーツ類は2014年用として開発されていたパーツと思われます。
複数のチームで開発が行われています。
違うチームのプロトタイプ(2014年モデルの原型)が、2013年モデルの発展型と性能は同等で簡単にリモート化できるものでした。土壇場で2013年発展型がお蔵入りとなったのですが、リモート化できない点はあるものの、性能的に発展型も捨てがたいとなり、ユーザーサービスの一環としてパーツ類だけが販売されることになったのではないかと考えます。

オーバーホール時にご依頼下さい。
通常よりも工程数は増えますが、オーバーホール代金+パーツ代で作業を承ります。
別途、作業工賃をお支払い頂くは必要ございません。

この記事へのトラックバック