GRIP 2のリバウンド側減衰調整ダイアル

画像

最大のメリットは、コーナーでフロントが流れないようにリバウンドを設定すると、ハイスピード領域での突き上げ感が気になってしまうというジレンマを解消できるところ。
今年のマニュアルにある推奨設定値は更に精度が向上しているため、その設定で十分なのですが、感覚的にセッティングを確かめたい方に、僭越ですがヒントを差し上げます。

低速でフロントタイヤに大きな負担がかかるコーナーに合わせ、LSRを強めに設定をします。その後、高速のガレ場を走行してみてください。突き上げ感を感じるはずです。HSRを緩めてみて下さい。あら不思議。緩めれば緩める程、突き上げ感が気にならなくなるはず。ただ緩めすぎるとロックセクションでフロントが弾かれます。弾かれない程度にHSRを締め込みます。

上の作業を正確に行うことができると、実はマニュアルにある推奨値に極めて近い値になります。

この記事へのトラックバック