リアが跳ね上げられる理由

・低速側のコンプレッションはオイルの流量制限を行っている。 ・減衰はストロークするスピードをコントロールしている。 ・肘、膝など体をしなやかに使うことによってストロークを減らすことができる。 ・重心位置の移動によって車体を安定させる。 ・トラクションをかけるためには後輪の接地時間を長くする。 ・車体を安定させるためには両輪の接…

続きを読むread more

ある程度、セッティングが出ている状態

セッティングのお手伝いをし始めてから、安定して走る事ができるようになりました。 夏頃、アップした動画ではリアが跳ね上げられていましたが、今は落ち着いた動きをしています。 ここからが本日のお伝えしたいポイント。 セッティングの相談を受けることが多いのですが、ある程度改善され、結果がついてくると、皆さん、満足してしまって、それ以上…

続きを読むread more

ジム、多くなってきましたね。

わりと以前のような生活ができるようになってきましたが、田舎では営業時間が短くなり、閉店時間が早くなった飲食業が目立ちます。実感として大きな通りでも以前より暗くなりました。そんな中、24時間営業のジムが目立ち始めました。ご自身の健康管理に興味を持ち始めた方が増えてきているのかもしれません。諸外国と比較して治安が良い国だといっても、暗くなっ…

続きを読むread more

34SCがストイックで楽しい

今日、34SCのオーバーホールをした時に感じたのですが、このフォーク、やたら軽い。約1.5㎏しかありません。剛性を確保するためにレッグの間が狭くなっていますが、2.3インチまでのタイヤは無条件で装着でき、フルボトムした時にクラウンとの距離が6mm以上あれば、それ以上のサイズのタイヤも使用可能になっています。 使用状況やライダーの嗜好に…

続きを読むread more

CHRONO DC R セール価格は266,420円(税込)

XCレースで活躍しているCHRONOのフレームにストロークの長いフォークを入れただけの製品ではありません。新たに設計されたDC(ダウンカントリー)に必要なヘッド周りの剛性と強度を持たせ、軽量に仕上げたモデル。2024年モデルにはカーボンモデルが追加される程、ヨーロッパでは人気のカテゴリーなのです。 登坂時のトラクションはスケルトンとラ…

続きを読むread more

タイパって

ダンパーのエア抜き穴をベアリングボールとイモネジで塞ぐ作業。アイレットが邪魔をするため、六角レンチの長い方を使って上から締めることもできません。通常使用する短い方を使ってイモネジを一回転させるためには、ダンパーシャフトが邪魔になり、最低一度は六角レンチを嵌め直す必要があります。何の疑問も持たず作業を続ける方がほとんど。大した時間でもあり…

続きを読むread more

XCライダーさん、サグは15%で。

週末、どう考えても空気入れ過ぎだろ?というフォークを久しぶりにオーバーホールしました。 XC系のライダーさんにご提案です。お願いですからフロントのサグは15%に設定してください。どうしても硬めで乗りたい方、ダンパーに黒いスロー側のコンプレッション調整のついたモデルを使用してください。 空気をパンパンに加圧したものとコンプレッショ…

続きを読むread more

『上がりのバイク』ではありません。

CRAFTY CARBON RR、フロントがFox 38 29 Float GRIP2 Factory、リアがFLOAT-X Factory、TRANSFERのFactoryですから、もう手を入れる必要がありません。 e-bikeを誤解なさっている方がいらっしゃるようなので、ご説明を少し。バッテリーが空になっても普通に走ります。 …

続きを読むread more

作業依頼品、発送についてのお願い

販売店各位殿 作業依頼、一つのパッケージでお送り頂けるのは、同一の車両に取り付けられていたフォーク・ショック・トランスファーの3点まででお願い致します。フォークの箱ならば、コラム側の箱にリアショック、フォークの間にトランスファーを入れれば、製品同士が傷つけ合う可能性が低くなります。 紛失や事故の際の補償上限の関係上、複数の箱を一…

続きを読むread more